岡田斗司夫年表

提供: 岡田斗司夫まとめwiki
移動先: 案内検索

2015年1月、緊急入院後、大手SNSサイトTwitterを介してネットに流出の「愛人リスト」の真偽をめぐり関係者に謝罪。  岡田曰く、官能小説執筆にあたり、仕事で会った女性の名前を使って仮想セックスを行う「妄想を書いたもの」が流出したと弁明。[1] [2]高須克弥院長ら以前関係のあった人間に弁護費用を無心。[3] [4]

[5]FREEex代表を辞任。Facebookの有料会員制サロンを開設(2015年1月~2016年4月までSynapse。2016年5月~DMMオンラインサロン)