岡田斗司夫

提供: 岡田斗司夫まとめwiki
移動先: 案内検索
尊師の御尊顔


我らが尊師。著書『いつまでもデブと思うなよ』のレコーディングダイエットによりリバウンド王の名をいただいた元オタキング。
2015年1月のキスプリ騒動がきっかけで性に乱れた私生活や、自らの愛人の顔や巨乳度、名器度、猥褻な写真を額田久徳と共有した愛人リストが発見され、そこから炎上イノベーション芸を確立していく。

人物[編集]

岡田斗司夫は1958年7月1日生まれの自称文化人・評論家である。

顔はしわがれた金玉、犬に例えるならブルドッグに似ており、全身は肥満そのもの。最近はハゲ疑惑が噂されている。
口調は軽快な関西弁で、見た目と相俟って「かっこよくはないけど親しみやすいおもろいおっちゃん」のように見える。
だからこそ、だまされて岡田と付き合ってしまう愛人がいるのではないだろうか。


性格はキャッチ―な見た目とは打って変わって、サイコパスを思わせるような言動が目立ち、決して良いとは言えない。
自分以外は犬か虫」「仏陀やキリスト、マホメットとかマルクスでも200~300。オレはやっぱり2000」と公言し、いつでもどんな他人でも見下している様子。
箱女が欲しいと語ったエピソードは彼の異常さを特に表している。


また、彼は嘘が下手であり、現在も正義のミカタ等メディアで嘘をついては心のない謝罪をし、自ら燃料を投下している。

来歴[編集]

1年浪人の臥薪嘗胆の末、1978年、大阪電気通信大学に入学するが履修届を出し忘れ退学する。


親のお金に甘えて実家の会社の1部門としてSFグッズ専門店ゼネラルプロダクツを開店する。
しかし岡田が従業員と不倫してしまう。このころから異常な性欲の片鱗を見せていたようだ。


1984年、ガイナックス設立。『王立宇宙軍 オネアミスの翼』を企画し、製作するための設立である。
しかし、自分が設立したにも関わらず1992年には勤怠不良と女癖の悪さから社員にクーデターを起こされ追放されている。 「岡田斗司夫がガイナックスを辞めたら、岡田の机が窓から外に投げられていた」との証言あり。


1996年からBS2でマンガ夜話に出演するようになる。オタキングを自称し始めたのもこの時期である。


1997年に株式会社オタキングを設立する。


2010年にはオタキングexを設立する。のちのFREEexである。

2012年から吉本興業と契約し、よしもとクリエイティブ・エージェンシーの所属になる。

愛人騒動[編集]

2015年1月初め、岡田に捨てられた愛人の通称A子がSNSにて岡田との肉体関係や証拠のキスプリクラを暴露した。
これに対し、岡田はこれをニセ写真であり、初笑いを狙ったものであると弁明したが、嘘がばれて新年からいらぬ恥をかいた。

詳細は「キスプリ騒動」を参照。


キスプリ騒動をきっかけとしてか、1/17に@aijin81というTwitterアカウントが岡田のものと思われる愛人リストを流出させる。 その一同皆ドン引きの内容に岡田の豆粒ほどの倫理感が問われるようになる。

愛人リストの中身や詳細は「愛人リスト」を参照。

その後、新春の風に誘われたのか多数の元愛人が各ブログ、Twitterへ登場し岡田の情報を暴露 しはじめた。 炎上必至のTwitter芸が達者な子役、春名風花も自身が岡田に口説かれたことを暴露する。

こうした騒動がおたく板住民を呼び覚まし、各々採掘を始めたところ、愛人関係以外に会社運営も非常に怪しいものであると発覚してしまう。

盗作疑惑[編集]

FREEexについて[編集]

詳しくは「FREEex」を参照。

エピソード[編集]

主に虚言と勘違いからなりたっている。

○ 中2で自分の誕生日を間違える。

○ 五十路で自分の年齢を間違える。

○ エンゲル係数が分からない上に検索結果をコピペしてドヤる。

○ 四捨五入が理解できない。

○ パーセントが理解できない。

○ カザフスタンの料理でガセをほざく。

○ カザフスタンのバイコヌール宇宙基地をウクライナとほざく。

○ 「ヒドラジン」を「ハイドラジン」とほざく。

○ 「清岡純子」を「清川虹子」と素で間違える。

○ 幾何級数的に違う× 幾何級数的に増大する○

いのちの電話の講演キャンセル。岡田は謎の「仲介代理店」のダブルなんとかに責任転嫁したが、いのちの電話は「岡田が固辞した」と明記。

○ 金正恩の兄はエリック・クラプトンの息子の人脈が目当て←息子さんは4歳で亡くなっている。

○ まどか☆マギカを見終えた後に「ほむら?誰?ほむらとかいなかったよ。」

○ ガンダムのテーマは「祝福と呪い」。トップをねらえのテーマは「祝福と呪い」。 まどマギのテーマは「祝福と呪い」。 風立ちぬのテーマは「祝福と呪い」。

○ ブルネイは2015年6月現在、「レジャーがヤオハンしか無い黄金と酒の国」

○ 荒俣宏を「あらまき」と連呼。

○ 昼寝をした後のニコ生で寝てないアピール。

○ 配下がなぜかセミナーを居酒屋で開く。

○ 自分はゴーストに書かせているが、キンコン西野の絵本の分業化には文句をつける。

○ 衣食住は基本人権じゃない。

○ ガセを追求されても決して謝らず「大阪やから大丈夫」

○ “リング・オブ・ウォール”って言われる環太平洋地震帯(正確には「The circum‐Pacific earthquake belt」、リング・オブ・ファイヤーなら環太平洋火山帯)○

○ いじめは最近10年以内に出て来た、昔はなかった。

○ アンドレ・ザ・ジャイアントはグルノーブル大学卒の超エリートでインテリだと「空手バカ一代」に書いてあった。

○ 言えない話(テレビで放言はできる)(大阪なら許される)

○ 「飛影はそんなこと言わない」 ← 実際には言っていません。ウソです。

○ 冲方丁を長年「沖」方丁と間違えたまま。

○ 「必要な閾値に足りない」

○ 「クラウドの人は十分注意してください、私は現在レコダイをしていません。」

○ 嘱託を「ぞくたく」と読む。

○ マイケル・クライトンを「クライントン」と間違える。

○ トム・ウルフを「トマス・ウルフ」と間違える 。

○ 「ベンツはもともと海上の会社だった。中国で空母も作りたがってる」   そんな事実は無く、ベンツはブランド名であり会社名ではない。のちに謝罪。

○ マンガ夜話で「劇画・ドラえもん』もある」と発言したが、そのような作品は(藤子・F・不二雄の作品としては)存在しない。

○ 男らしさとは真逆なことしかしていないのに「男として」と自画自賛 そして金をせびる 。

○ 「最低でも3ヶ月はかかるけど、リバウンドはない。それがこのダイエット方法の短所と長所かな」 ⇒現在、大幅リバウンドに加え、さらに増量。真実の不在。

○ 「(2015年現在)今モンゴルで日本の相撲が大人気!」※ピークは2008年

○ 「久しぶりに日本に来た英国人の友人と」

○ 「ギリシャに友達がいてて」

○ アテネだけ銀行の窓口がときどき開き、ギリシャ中の人が集まるから公共交通機関を無料にした。

○ ガガーリンの同僚は暗殺された ※自殺か事故死か不明

○ パレー「ド」の法則× パレートの法則○

○ 朝日とNHKは社をあげて不倫率が高い

○ 中村「祐」介× 中村佑介○

○ 「ニコニコ生放送 チャンネル生放送 一番の卑怯者は誰だ 延長戦」で43.8%を獲得しNo.1の卑怯者に輝く。

○ 『ネット流行語大賞2015上半期』に「当たり前ですけどニセ写真です」がノミネート。

○ 未だにオタキングを自称している割に、グレンダイザー(スペイザーと間違えている?)をガイキング(大空魔竜と間違えている?)と間違える。

○ 宮崎哲「也」× 宮崎哲弥 ○←New!

○ 7万人だから、7万ミリかな。つまり、7メートル←New!

○ 逆風の中でも見捨てずにいてくれた人を「バカみたいな言いがかり」「中途半端な売れ方をしたプロ」「本当に世間知らず」と自己紹介しながらdisる←New!

その他[編集]